ブログ

カード決済できるようになりました!

こんにちは!

 

この度、カード決済が可能になりました!

対象は下記になりますので、ご確認くださいませ。

 

 

対象ブランド

VISA,Mastercard,AMERICAN EXPRESS

JCB,Diners Club INTERNATIONAL,Discover

iD,QUICPay,apple Pay

Suica,PASMO,Kitaca

toica,manaca,ICOCA

SUGOCA,nimoca,はやかけん

  • 「PiTaPa」はご利用いただけません。

 

 

ご不明点等ございましたら、

お気軽にご連絡ください!

 

今後ともよろしくお願い致します。

PPA事業

こんにちは!

エコ健システムの曽田です!

 

今話題になっている

太陽光発電におけるPPAって聞いたことありますか?

【Power purchase agreement】の略称で、

発電者と電力消費者の間で締結する電力販売契約のこといいます。

 

簡単に説明すると、

会社や工場、店舗などの屋根に太陽光発電設備を

無料で設置し、発電した電気を自らで消費する。

太陽光発電で賄いきれない分は、新電力や銀行などから

通常より安く買うというものです!

 

PPAモデルのメリット

【初期投資・メンテナンス費用が不要】

太陽光を検討するのにひっかかる理由の一つがその導入費用だと思いますが、

PPAモデルでは初期投資0円、メンテナンス費用もなしで

太陽光発電による自家消費を実現することができます!!

 

【電気代削減による経費削減】

電気料金は近年値上がり傾向にあります。

PPAで設置した太陽光発電で発電した電気を「自家消費」することで、

買う電気を減らすことができ、その分電気代が削減できます!

雨や夜間の太陽光が発電していない間の電気は、

新電力や銀行から通常よりも安く買えるため、

さらに電気代削減につながります!

 

【災害時の停電対策】

日中であれば、停電時でも電気を使え、

災害などによる停電リスクを抑えることができる。

また、停電時も営業を継続することにより

地域住民への貢献も期待できます。

 

【未使用スペースの有効活用】

建物の屋上、側面の他、利用していない土地など、

基本的に場所を選ばず太陽光発電設備を設置することができます。

 

【契約期間後に無償で譲渡】

契約期間が終了した後、太陽光発電設備を無償で譲渡されます。

太陽光発電の耐久年数は契約期間より長いことが多いので、

譲渡後は電気料金なしで自家消費を継続することができます。

 

 

 

弊社でもPPA事業を展開していきます。

 

詳しくは下記まで連絡下さい!

エコ健システム株式会社

585-0014

大阪府南河内郡河南町白木427
TEL: 0721-55-2980 FAX: 0721-55-2984

CO2削減効果 杉の木換算

こんにちは!

エコ健の曽田です!

 

太陽光やLEDはCO2削減に

大きく貢献しているといわれていますが、

実際にどのくらいの削減効果があるのか

分かりづらいですよね(._.)

「二酸化炭素   〇〇 kg  削減!」といわれても、

パッとイメージがわきません。

 

そこで!CO2の排出量を具体的にイメージするために、

木の中でも特に身近な「杉の木」に換算して表現します!

大きく成長した杉の木は、

1年間で平均約14kgのCO2を吸収するとされています。

 

 

 

CO2の削減量を杉の木に表すことで、

お子様などにも具体的にイメージしやすくなり、

より地球温暖化を身近に感じることできます!

 

太陽光発電 自立運転機能

こんにちは!

エコ健システムの曽田です。

 

みなさん、太陽光発電システムには停電時でも

発電した電気を使える機能があることは

ご存知でしょうか。

パワーコンディショナに搭載されている

「自立運転機能」と呼ばれるもので、

突然の停電時でも非常用電源として

電気を使うことができます。

 

ただし、「自立運転機能」は全てのパワーコンディショナに

備わっているというわけでなないので、

「自立運転機能」がない場合は、停電時に電気は使えません。

 

実際に災害に遭われ、「自立運転機能」を使おうと思ったけど、

操作方法がわからなく使えなかった(>_<) という声もお聞きします。

そうならないために今回は操作のご説明をします!

 

⒈まず、自立運転用コンセントの位置を事前に確認しておいてください。

⒉取扱説明書で自立運転モードの切替方法を確認する。

⒊「主電源ブレーカー」をオフにする

⒋「太陽光発電ブレーカー」をオフにする

⒌自立運転モードに切り替える

⒍自立運転用コンセントに必要な機器を接続して使用する。

⒎停電復旧時には、「自立運転モード」解除→「太陽光発電ブレーカー」→「主電源ブレーカー」オンの手順で必ず元に戻す。

 

停電時に自立運転機能を使う際の注意点

電気容量の使用上限が1,500W(1.5kW)であるということ。

冷蔵庫、電気ポット、炊飯器、電子レンジ、トースター、ノートパソコン、

携帯電話の充電器などの消費電力は1,500W以下ですのでほぼ問題なく使用できますが、

それらを同時に使う場合は注意が必要です。

また、オーブンレンジやIHクッキングヒーターなどは

1台で1,500Wを超える可能性があるので避けてください。

 

 

あらかじめご自宅にある家電の消費電力を調べておき、

どんな組み合わせなら使えるのかをシミュレーションしておきましょう!

そしてもうひとつ、太陽光発電は日照状況に影響を受けるシステムです。

晴天時は電力を安定して作り出すことができますが、

雨天時・曇天時は電力の供給が不安点になり、夜間は発電が停止してしまいます。

自立運転機能においても同様で、雨天時・曇天時に家電を接続すると

突然電源が切れる可能性があります。発電出力が安定しない時は使用を

控えるなどの処置をとりましょう。

 

 

いざ必要となった時にすぐ対応できるよう、

使うための手順や使用可能な家電などを確認しておきましょう!

LEDのメリット②

LEDのメリット➀ に引き続き

LEDのメリットについて!

 

【紫外線がほとんど出ない】

白やカラーLEDの光には、紫外線がほとんど含まれないので、

絵画などの美術品・工芸品の照明でも変色や退色などの

劣化に繋がりにくいといわれています!

また、虫は紫外線に集まる習性がありますが、

LEDにはあまり寄ってこないといわれています(*^^)v

 

【振動・衝撃に強い】

LEDはとても丈夫で、地震などの振動で落ちても

割れにくいといわれています!

白熱電球や蛍光灯などの従来の光源は、

発光原理の必要性により、ガラス管が用いられますが、

LEDはガラス管を必要とせず、

プラスチックなどの軽く割れにくい材料を使用できるため、

衝撃や振動に強い製品が作れます。

 

【発熱量が少ない】

熱を光に変える白熱電球などと違い、LEDは電気を直接光に変えるため、

発熱量が少なくすむというメリットがあります。

また、発する光にも赤外線がほとんど含まれないので、

光によって対象物を熱で傷めることもなく、

食品陳列棚の照明など、 熱を嫌う対象物の照明にも適しています。

LEDは、火傷や火事の危険の少ない、安全性の高い明りなのです!

 

【低温環境でも効率が低下しない】

蛍光灯は低温で効率が著しく低下するので、

寒冷地や冷凍・冷蔵設備内への使用には向きません。

一方、LEDは半導体のため、

-20℃程度の低温まで発光効率が低下せず、

安定して発光させることができます。

 

 

 

ここまでのLEDの特徴や特性を押さえれば、

LED照明をもっと賢く経済的に使えると思います!

今後LED導入を検討していく上でも役立つとありがたいです!(^^)/

ブログ

カテゴリー

アーカイブ