エネルギー

CO2削減効果 杉の木換算

こんにちは!

エコ健の曽田です!

 

太陽光やLEDはCO2削減に

大きく貢献しているといわれていますが、

実際にどのくらいの削減効果があるのか

分かりづらいですよね(._.)

「二酸化炭素   〇〇 kg  削減!」といわれても、

パッとイメージがわきません。

 

そこで!CO2の排出量を具体的にイメージするために、

木の中でも特に身近な「杉の木」に換算して表現します!

大きく成長した杉の木は、

1年間で平均約14kgのCO2を吸収するとされています。

 

 

 

CO2の削減量を杉の木に表すことで、

お子様などにも具体的にイメージしやすくなり、

より地球温暖化を身近に感じることできます!

 

ソーラーシェアリング②メリット

ソーラーシェアリングのメリット

 

⒈ 収入の増加+安定化

農業で得られる収入プラス、太陽光発電の売電収入を

得ることができます。

農作物は成長→収穫→販売

という経過のもとでの収入ですので、

不安定になる面がありますが、

太陽光発電での売電収入は一年通して、

安定した収入を得ることが可能です。

また、農家を継ぐ場合には

就農に金銭的リスクが伴いますが、

安定した売電収入があれば、

後継者の後押しにも繋がります!!

 

⒉ 休耕地、耕作放棄地の有効活用

農地には宅地や雑種地などに

転用できない「青地」と呼ばれる農地が、

多数存在します。

しかし、ソーラーシェアリングは

条件が合えば青地でも導入が可能なので、

転用できずに困っている農地でも

売電収入を得ることができ、有効活用できます!

 

⒊ 太陽光パネルの影が農作物に好影響

太陽光パネルの影が夏場の高温から作物や耕作物を守ります。

葉焼けや高温障害を防ぐほか、生育を阻害する霜に対しても、

太陽光パネルによる霜除けが期待できます。

 

⒋ 設備の二次利用で作業の効率・快適化

ソーラーシェアリングの設備を利用して、

防虫ネットや遮光カーテンを取り付けることで、

より効率の良い快適な農作業、品質の高い農作物の

生産が可能になります!

 

ブログ

カテゴリー

アーカイブ