ソーラーシェアリング➀仕組み 再エネ

ソーラーシェアリング➀仕組み

こんにちは!

エコ健の曽田です。

 

最近大きな期待と注目を集めている

「ソーラーシェアリング」

って聞いたことありますか?

 

ソーラーシェアリングとは

農地の上に背の高い課題と太陽光パネルを設置して行う

太陽光発電事業です。

農林水産省では、営農型発電設備と呼んでおり、

農業を継続しながら発電を行うことができます。

農家の経営安定と自然エネルギーの普及を両立させることができる、

まさに一石二鳥ですね!!

 

実は少し前までは、

農地法の運用が厳しく、農地を農業以外に使用は

原則としてできませんでした。

しかし、2013年に農林水産省が一定の条件のもと、

これを認める方針を打ち出したことで、

着実に広まってきました。

 

太陽光パネルの下で、農作物がちゃんと育つのか

気になるところですが、問題ありません!

ソーラーシェアリングでは、

一定の間隔をあけてパネルを設置するので、

生育に必要な光は十分に降り注ぎます。

 

普通に栽培されている大半の野菜は、

ソーラーシェアリングによって

悪影響を受けることはありません。

むしろ遮断することで、生育状況が良くなるものも

少なくないと言われています!

 

ブログ

カテゴリー

アーカイブ