蓄電池

蓄電池のメリット

前回の「蓄電池の仕組み」から続いて、

今回は蓄電池のメリットについてです。

 

➀電気料金の削減

太陽光発電システムで得られる売電収入は年々下落しています。

また、2011年の東日本大震災での原発停止により、

火力発電の稼働率が高まり、発電費用が上昇しています。

つまり、年々電気料金は上昇しているのです!(>_<)

「売電価格の下落」「電気料金の値上げ」の2つの傾向は

今後もどんどん進行し、太陽光発電システムによる電力は

売電するより、自家消費したほうが得という考え方になっています。

 

電気代が買取価格を上回る地点をグリッド・パリティといいます。

 

買取価格より電気代が高くなるので、

「売るより、使うほうが経済メリットが大きい」

ということになってきているのです!

 

蓄電池を導入したら、

電力会社との契約を深夜が安く

日中が高いプランに変更します。

深夜帯の安い電気を貯めて、日中に放電することで

差額分の電気代の削減が可能になります!

 

 

②ピークシフトに貢献

蓄電池を使って、

深夜に電気を貯めて、日中に放電することは

電力需要が高まる日中の電力使用量を抑える

「ピークシフト」にもつながります!

ピークシフトすることは、

高コストで二酸化炭素の多い火力発電の出番を

減らすことに繋がります!

蓄電池を導入することで、家庭の電気代の削減をしながら、

環境やエネルギー問題の解決にも貢献できるのです!

 

 

③停電時の対策に

 

蓄電池を設置していれば、太陽光発電でつくった電気を

充電できるので、必要な時に電気を使うことが可能です。

停電時には自動的に蓄電システムから給電システムに

切り替わり、停電が復旧するまで安心して使用できます!

晴れている限り、太陽光が発電し続けるので、半永久的に

電気を利用することができます!素晴らしい(*_*;

 

 

以上、今回は蓄電池のメリットについての話でした!

FIT終了や電気料金の上昇、災害時の対策として、

蓄電池は今後も必要となるのは間違いありません。

より快適な生活を得られるようなものを

我々もご提供せて頂きたいと思っております!

蓄電池の仕組み

こんにちは!

エコ健の曽田です!

 

昨年から、太陽光を設置してから契約期間の10年を迎え、

売電の終了を迎える方がおられる中、対処法の一つとして

「蓄電池」というワードが話題になりました。

 

その蓄電池の必要性を含め、

まずは蓄電池の仕組みから、

お伝えさせて頂きます。

 

蓄電池とは、

電気を蓄える「充電」と、電気を出力する「放電」を行う機能を持ちます。

家庭でも使う機会の多いアルカリ乾電池やマンガン乾電池などの乾電池は、

一度の放電だけで使い切るタイプの電池なので一次電池と呼ばれます。

これに対し、蓄電池は二次電池と呼ばれ、

一回限りでなく、繰り返して使用することができます。

スマホやノートパソコンに内蔵されているバッテリーも

二次電池になり、蓄電池の一種になります。

 

蓄電池には主に、

鉛蓄電池

ニッケル水素電池

NAS電池

リチウムイオン蓄電池

という種類があります。

(以前蓄電池の基礎知識にて紹介)

 

 

どの蓄電池も基本的な構造は同じです。

内部は2つの電極(+と-)と電解液で構成されています。

プラス極には電子を受け取りたい物質が、

マイナス極には電気を放出したい物質が用いられていて、

電池を回路に接続すると化学反応が起き、

マイナス極に貯まった電子が回路を通じてプラス極へと流れていきます。

この化学反応が放電です。

一次電池の場合はこの化学反応が終わると

それ以上放電ができなくなりますが、蓄電池は違います。

蓄電池では放電時とは反対向きの電気を流すことで、

放電と逆の化学反応を起こすことができます。

すると内部が放電前の状態に戻り、電気を蓄えることができます。

これが充電です。

この化学反応により

蓄電池は放電だけでなく、充電をすることが可能です。

 

以上、これが蓄電池の充放電の仕組みです。

 

次回続く→ 「蓄電池のメリット」

蓄電池の基礎知識

こんにちは!

ecoken曽田です!

 

太陽光発電のFIT(固定価格買取制度)終了による対策、

また、東日本大震災をきっかけに度重なる災害時の非常用電源として、

必要性がどんどん高まる「蓄電池」について、

その基礎知識をまとめていきたいと思います!

 

蓄電池は、充電池、バッテリーとも呼ばれます。

車のバッテリーや携帯電話(スマホ)、ノートパソコン、

デジタルカメラ、小型電子機器の電源など、

我々が日ごろ利用するものにも多く使われているので、

蓄電池なしで日常生活を送るのは困難といっても

過言ではないですね!

 

今回は蓄電池の種類と用途について

まとめていきたいと思います!

 

1. 鉛蓄電池

1859年にフランスのガストン・ブランデによって開発された

最も古い歴史を持つ蓄電池です。

主に自動車のバッテリーとして利用されているほか、

非常用電源や電動車用主電源などにも用いられています。

原価の安い鉛が使用されているため容量あたりの電力単価が安く、

大電流の放電ができるメリットがありますが、

使用経過によって充電性能が劣化して電池寿命が

大幅に低下するというデメリットを持ちます。

使用実績が多く信頼性も高いため、

今後も各車両のバッテリーとして

使用され続けられることが予測されます。

 

2. ニッケル水素電池

乾電池タイプの蓄電池で、

家電量販店や携帯ショップ、レンタル屋などで

販売されているので、見たことある人も

多いのではないでしょうか。

1990年の実用化以降までは

ニッケルとカドミウムを電極に使用した

ニカド電池が主流でした。

しかし、使用されている

カドミウムが毒性を持つことから、

環境や人体に影響のない水素を

電極に使用したことで安全性が高く、

ニカド電池の約2.5倍もの容量を持つことで

登場したのがこのニッケル水素電池です。

近年ではハイブリッドカーの動力源としても

用いられています。

 

3. リチウムイオン電池

非水系の電解液を使用するため、

水の電気分解電圧を超える高い電圧が得られ、

小型ながら高容量で超寿命というメリットがあります。

ニッケル水素電池の3倍となる電圧を誇り、

自己放電が少ないことから、

ノートパソコンやモバイル機器をはじめ、

近年は電気自動車のバッテリーや家庭用蓄電池

としても使用されています。

今では我々の日常生活において

最も欠かすことのできない蓄電池だと思います!

 

4. NAS電池

NAS電池は世界で唯一日本ガイシのみが

製造しているナトリウム硫黄電池で、

メガワット級の電力貯蔵設備を

可能とした蓄電池です。

 

メガワット級の電子貯蔵が可能なのに安価な点、

設置場所の制約が少ないことが特徴で

大きなメリットとなります。

今後、再生可能エネルギーを本格的に推進していくにあたって、

NAS電池やレドックスフローといった

大容量向き蓄電池は重要な要素になることが予想されています。

 

 

 

次回からは

今後最も注目される

「家庭用蓄電池」のメリットや仕組みについて

お伝えしていきます!

 

ブログ

カテゴリー

アーカイブ