蓄電池のメリット 蓄電池

蓄電池のメリット

前回の「蓄電池の仕組み」から続いて、

今回は蓄電池のメリットについてです。

 

➀電気料金の削減

太陽光発電システムで得られる売電収入は年々下落しています。

また、2011年の東日本大震災での原発停止により、

火力発電の稼働率が高まり、発電費用が上昇しています。

つまり、年々電気料金は上昇しているのです!(>_<)

「売電価格の下落」「電気料金の値上げ」の2つの傾向は

今後もどんどん進行し、太陽光発電システムによる電力は

売電するより、自家消費したほうが得という考え方になっています。

 

電気代が買取価格を上回る地点をグリッド・パリティといいます。

 

買取価格より電気代が高くなるので、

「売るより、使うほうが経済メリットが大きい」

ということになってきているのです!

 

蓄電池を導入したら、

電力会社との契約を深夜が安く

日中が高いプランに変更します。

深夜帯の安い電気を貯めて、日中に放電することで

差額分の電気代の削減が可能になります!

 

 

②ピークシフトに貢献

蓄電池を使って、

深夜に電気を貯めて、日中に放電することは

電力需要が高まる日中の電力使用量を抑える

「ピークシフト」にもつながります!

ピークシフトすることは、

高コストで二酸化炭素の多い火力発電の出番を

減らすことに繋がります!

蓄電池を導入することで、家庭の電気代の削減をしながら、

環境やエネルギー問題の解決にも貢献できるのです!

 

 

③停電時の対策に

 

蓄電池を設置していれば、太陽光発電でつくった電気を

充電できるので、必要な時に電気を使うことが可能です。

停電時には自動的に蓄電システムから給電システムに

切り替わり、停電が復旧するまで安心して使用できます!

晴れている限り、太陽光が発電し続けるので、半永久的に

電気を利用することができます!素晴らしい(*_*;

 

 

以上、今回は蓄電池のメリットについての話でした!

FIT終了や電気料金の上昇、災害時の対策として、

蓄電池は今後も必要となるのは間違いありません。

より快適な生活を得られるようなものを

我々もご提供せて頂きたいと思っております!

ブログ

カテゴリー

アーカイブ