LEDのメリット② LED

LEDのメリット②

LEDのメリット➀ に引き続き

LEDのメリットについて!

 

【紫外線がほとんど出ない】

白やカラーLEDの光には、紫外線がほとんど含まれないので、

絵画などの美術品・工芸品の照明でも変色や退色などの

劣化に繋がりにくいといわれています!

また、虫は紫外線に集まる習性がありますが、

LEDにはあまり寄ってこないといわれています(*^^)v

 

【振動・衝撃に強い】

LEDはとても丈夫で、地震などの振動で落ちても

割れにくいといわれています!

白熱電球や蛍光灯などの従来の光源は、

発光原理の必要性により、ガラス管が用いられますが、

LEDはガラス管を必要とせず、

プラスチックなどの軽く割れにくい材料を使用できるため、

衝撃や振動に強い製品が作れます。

 

【発熱量が少ない】

熱を光に変える白熱電球などと違い、LEDは電気を直接光に変えるため、

発熱量が少なくすむというメリットがあります。

また、発する光にも赤外線がほとんど含まれないので、

光によって対象物を熱で傷めることもなく、

食品陳列棚の照明など、 熱を嫌う対象物の照明にも適しています。

LEDは、火傷や火事の危険の少ない、安全性の高い明りなのです!

 

【低温環境でも効率が低下しない】

蛍光灯は低温で効率が著しく低下するので、

寒冷地や冷凍・冷蔵設備内への使用には向きません。

一方、LEDは半導体のため、

-20℃程度の低温まで発光効率が低下せず、

安定して発光させることができます。

 

 

 

ここまでのLEDの特徴や特性を押さえれば、

LED照明をもっと賢く経済的に使えると思います!

今後LED導入を検討していく上でも役立つとありがたいです!(^^)/

ブログ

カテゴリー

アーカイブ