太陽光パネル(モジュール)の寿命 太陽光発電

太陽光パネル(モジュール)の寿命

こんちには!

エコ健の曽田です!

 

今回は太陽光発電システムの顔となる太陽光パネル(モジュール)についてお伝えします。

皆さん、太陽光パネルの寿命ってどのくらいかご存知ですか?

 

 

 

実は、太陽光パネルは30年以上使うことができるのです!!

例えば実際に

1983年に奈良県の壺阪寺に設置されたシャープ製

1984年に千葉県のソーラーエネルギーセンターで設置された京セラ製

これらの太陽光発電は現在も稼働し続けているという実績があります!

30年以上も前の製品なので今よりも性能は劣りますが、それでも稼働していますので、

皆さんが今お使いの太陽光パネル、これから導入される太陽光パネルは間違いなく

30年以上使い続けられのです!!

 

 

元々、太陽光パネルは人口衛星の電源として開発されたといわれています。

宇宙という劣悪な環境でも発電できるというところから、

その精密性は本当にすごいものだとわかりますよね!(‘◇’)ゞ

 

 

次回からはパネルの種類についても触れていきたいとおもいます!

 

ありがとうございました^^;

ブログ

カテゴリー

アーカイブ