太陽光発電 自立運転機能 太陽光発電

太陽光発電 自立運転機能

こんにちは!

エコ健システムの曽田です。

 

みなさん、太陽光発電システムには停電時でも

発電した電気を使える機能があることは

ご存知でしょうか。

パワーコンディショナに搭載されている

「自立運転機能」と呼ばれるもので、

突然の停電時でも非常用電源として

電気を使うことができます。

 

ただし、「自立運転機能」は全てのパワーコンディショナに

備わっているというわけでなないので、

「自立運転機能」がない場合は、停電時に電気は使えません。

 

実際に災害に遭われ、「自立運転機能」を使おうと思ったけど、

操作方法がわからなく使えなかった(>_<) という声もお聞きします。

そうならないために今回は操作のご説明をします!

 

⒈まず、自立運転用コンセントの位置を事前に確認しておいてください。

⒉取扱説明書で自立運転モードの切替方法を確認する。

⒊「主電源ブレーカー」をオフにする

⒋「太陽光発電ブレーカー」をオフにする

⒌自立運転モードに切り替える

⒍自立運転用コンセントに必要な機器を接続して使用する。

⒎停電復旧時には、「自立運転モード」解除→「太陽光発電ブレーカー」→「主電源ブレーカー」オンの手順で必ず元に戻す。

 

停電時に自立運転機能を使う際の注意点

電気容量の使用上限が1,500W(1.5kW)であるということ。

冷蔵庫、電気ポット、炊飯器、電子レンジ、トースター、ノートパソコン、

携帯電話の充電器などの消費電力は1,500W以下ですのでほぼ問題なく使用できますが、

それらを同時に使う場合は注意が必要です。

また、オーブンレンジやIHクッキングヒーターなどは

1台で1,500Wを超える可能性があるので避けてください。

 

 

あらかじめご自宅にある家電の消費電力を調べておき、

どんな組み合わせなら使えるのかをシミュレーションしておきましょう!

そしてもうひとつ、太陽光発電は日照状況に影響を受けるシステムです。

晴天時は電力を安定して作り出すことができますが、

雨天時・曇天時は電力の供給が不安点になり、夜間は発電が停止してしまいます。

自立運転機能においても同様で、雨天時・曇天時に家電を接続すると

突然電源が切れる可能性があります。発電出力が安定しない時は使用を

控えるなどの処置をとりましょう。

 

 

いざ必要となった時にすぐ対応できるよう、

使うための手順や使用可能な家電などを確認しておきましょう!

ブログ

カテゴリー

アーカイブ