ecoken電力|電気を選ぶ時代、でもどこを選んだら...企業・法人の皆さまから個人のお客様まで電力料金を見直しませんか?

電力自由化で何が変わるの?

一般企業やご家庭も対象になります!

従来、特別高圧や高圧のみだった電力の自由化が、2016年4月より全面自由化されました。登録事業者であれば一般の家庭も含めて販売が可能になりました。
これにより電気を選ぶことができるようになり、価格競争が生まれるようになりました。

自分に合った電力サービスを選べます!

電力販売が自由化されたことにより、参入各社が自社の強みを活かした形で、それぞれのメリットを提示しています。その中から自分に合ったサービスの会社を選ぶことができるようになったのです。

ecoken電力は、なぜ電気を安く販売できるの?

発電コスト削減への取り組み(調達力の違い)

従来、特別高圧や高圧のみだった電力の自由化が、2016年4月より全面自由化されました。登録事業者であれば一般の家庭も含めて販売が可能になりました。
これにより電気を選ぶことができるようになり、価格競争が生まれるようになりました。

固定費削減への取り組み
(営業方法の違い)

ecoken電力では、インターネットや電話での受注を中心に置くことで、広告費、営業に掛かる人件費、その他付帯サービスに関する費用がほとんどかからないため、お客様へ電気料金を抑えることができます。

どんな人がお得になるの?

たとえば、平日の昼間に電力消費が集中するビルやスーパー、学校などは、
コスト削減効果がより大きくなります。
イベントホールや競技場、ゴルフ場など、時間帯や営業日、
季節などによって使用量の変動が大きい施設も、コスト削減効果が大きくなります。

事例紹介

ecoken電力は安全なの?

大手電力会社とバックアップ契約があるから安心!

新電力は、一般電気事業者(東京電力)によって管理されている現在の送電線を使ってこれまでどおり安定的に供給します。
新電力の発電設備の定期点検や事故などによって供給力が不足するなど万が一の際には、電力を融通してもらうよう一般電気事業者と新電力の間でバックアップ契約を締結しています。
そのため、万が一、新電力の供給が不足した場合も、一般電気事業者から(自動的に)電気が供給されます。その際、お客さまには新たな負担は生じません。
自然災害などで、送電設備などに物理的に送電困難なトラブルが発生する場合を除けば、電気が止まったりすることはありません。